インターネットFAX詳細レビュー 無料

FAX.PLUSレビュー!使って分かった注意点と使い方

このページでは、登録後10枚まで無料でFAXの送信ができるインターネットFAXサービス「FAX.PLUS」について解説しています。

実際に使って分かったおすすめポイントや注意点、使い方もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

▼こちらの記事もおすすめです

無料で使えるインターネットFAXはこれだ!使って分かったおすすめ6選と注意点

今や、書類も画像もSNSやメールで送るのが当たり前の時代になりました。 でも実は、主要な連絡手段としてFAXを使っている業界や世帯はまだまだあります。 それで時々、こちらはFAXを持っていないのに、 ...

続きを見る

 

 

FAX.PLUSとは?

FAX.PLUSアプリ

FAX.PLUSのおすすめポイント

  • 利用登録後に合計10枚まで完全無料で送信可能
  • アプリの完成度が高く、無料送信できる残り枚数などを簡単に確認できる
  • パソコンからも送信できる

 

FAX.PLUSの基本情報
初期費用:なし 月額料金:なし
送信無料:10ページまで無料 受信無料:不可(別途有料)
無料枠を超えると… 送信:19~22円/枚
海外への送信:〇 ナンバーポータビリティー対応:〇
支払方法:クレジットカード、デビットカード
無料トライアル:なし 専用アプリ:あり

FAX.PLUSはスイスのジュネーブに本社を置く「ALOHI SA」という会社が提供しているインターネットFAXです。

アプリでも、公式サイトからもFAXの送受信ができます。

アプリはiOS icon-external-link (iPhone)でも Android icon-external-link でも利用可能。

FAX.PLUSは基本的に有料のサービスですが、登録後10枚までは無料でFAXを送信できます

受信もしたい場合は別途有料プランに申し込む必要があります。

 

おすすめポイント

FAX.PLUSのメリットは、なんといっても登録後10枚までは完全無料でFAXが送信できるところ。

電話回線やFAX機がないのに、FAXで書類を送るように頼まれた…

コンビニまで行ってFAXを送るのは面倒…

などの場合、FAX.PLUSを使ってみるのがおすすめです。

また、FAX.PLUSのスマホアプリは完成度が高く、知りたい情報をすぐに見つけることができます。

アプリの「Profile」ページを開けば、残りの無料枚数(送信)や残っている料金などがすぐに表示されます。

 

また、アプリはもちろん、パソコンからも送信できる機能もあります。

PCから送信する際の画面

PCから送信する際の画面

パソコンでFAX.PLUSの公式サイトからログインすれば、すぐに送信可能です。

FAX.PLUSの別のメリットとして、これまで使ってきたFAX番号をそのまま使う、いわゆる「ナンバーポータビリティ(MNP)」が可能なことが挙げられます。

ただし、MNPが可能な国や番号などが決められていますので、事前に問い合わせることが必要です。

MNPが可能の場合でも、実際に使用できるようになるまでは最大2週間かかります。

MNPのために別途費用が発生することはありません。

 

注意点

FAX.PLUSはアプリも公式サイトもすべて英語表記です。

 

公式サイトは一応日本語表記にも対応していますが(サイト右下のボタンで切り替え可能)、単に翻訳ソフトを使用したような言語レベルなので、理解しにくい部分があります。

簡単な英語が理解できる方であれば、安心してFAX.PLUSのサービスを利用できると思います。

また、FAX.PLUSでは、登録後10枚まで送信が無料となっていますが送信先の国・地域によって送信可能枚数が変わり、1枚送ったつもりが複数枚送信したと見なされる場合があります

例えば日本国内から日本国内に送信する場合、1枚送信するのに2枚分を使用したと見なされます。

上画像は、FAX.PLUSのアプリで日本国内へFAXを送信した後に送られてくるメールの文面です。送ったのは1枚でも2ページ送信したと見なされてしまいました。

日本国内からアメリカ合衆国本土へ送信する場合は1枚の送信は1枚分と見なされるので、規定通り10枚まで完全無料で送信できます。

FAX.PLUSの公式サイトでは、事前に送信先の国や地域へ1枚送る場合に、何枚分と計算されるのかが分かるページが用意されていますので、確認できます。

国名と送信先FAX番号を入力して「計算する」ボタンを押すと1枚あたり何ページ分として計算されるのかが表示されます。

アメリカ本土への送信は1枚が「1ページ」と計算される

アメリカ本土への送信は1枚が「1ページ」と計算される

 

使い方

ではFAX.PLUSの使い方を解説します。

無料の範囲でどこまで、どのように使えるのかを紹介していきます!

まずはアプリストアから『FAX.PLUS』のアプリをスマホにインストールします。

ここでは「Android端末」を利用した使い方を紹介しますが、iPhone用アプリでも使い方は同様です。

アプリストからアプリをインストール

アプリストからアプリをインストール

インストールが完了したら、FAX.PLUSアプリを立ち上げ、アカウントを作成します。

上画像の通り、名前・メールアドレス・パスワード(任意の)を入力し、最後に「Join Now」をタップします。

サインインができますので、最下部の「Send Fax」をタップします。

「Send Faxの画面では、『To』欄に送信先のFAX番号を入力します。

日本国内への送信の場合でも、日本の国番号81を付ける必要があります。

番号入力の際の注意点

相手のFAX番号から、市外局番の「0」を取り、日本の国番号「81」とつなげた番号を入力してください。

例えば03-6666-7777のFAX番号に送る場合、81 3 66667777という形が正しい形式となります。

FAX番号入力欄のすぐ下にある2つのボタンのうち「Add File」ボタンを押すとスマホ内にあるPDFファイルやドキュメント、JPEG画像を選択できます。

その場で撮影した写真をそのままFAXとして送信することも可能です。

「Add Text」を押すと、直接テキスト(文字・文章)を入力することができ、その文章がそのままFAX内容となります。

FAXの内容やファイル、送信先FAX番号を確認したら最後に右上の「Send Fax」をタップして送信完了です。

右下の「Profile」ページの「Remaining Pages」のタブには無料で送信できる残りのページ数が表示されています。

上画像では、残りが「6」と表示されていますが、日本国内へのFAX送信は1枚につき2ページで計算されますので、実質的な残枚数は3(6÷2)枚ということになります。

送信無料枠を使い切った場合は、1ページあたり0.2アメリカドル(日本円で22円前後)で送信することになります。

 

まとめ

最後にまとめです。

「FAX.PLUS」は以下のような方におすすめ!

こんな人におすすめ

  • 試しにインターネットFAXを送信してみたい
  • 受信は必要ないので、時々送信だけしたい
  • 簡単な英語が理解できる

FAX.PLUSは海外のサービスなので、アプリも公式サイトもすべて英語表記です。

それでも、登録後10枚までは無料でFAXが送信できるというのは非常に魅力的!

電話回線やFAX機がないのに、FAXで書類を送るように頼まれた…

コンビニまで行ってFAXを送るのは面倒…

という方は、このページを参考に一度使ってみるのはいかがでしょうか。

FAX.PLUSアプリはこちらiOSアプリ icon-external-link   Androidアプリ icon-external-link 

FAX.PLUS公式サイト

▼こちらの記事もおすすめです

無料で使えるインターネットFAXはこれだ!使って分かったおすすめ6選と注意点

今や、書類も画像もSNSやメールで送るのが当たり前の時代になりました。 でも実は、主要な連絡手段としてFAXを使っている業界や世帯はまだまだあります。 それで時々、こちらはFAXを持っていないのに、 ...

続きを見る

 

-インターネットFAX詳細レビュー, 無料

Copyright© さよならFAX , 2021 All Rights Reserved.