jFax(ジェーファックス) インターネットFAX詳細レビュー

使って分かった「jFax」の全て!特長や注意点を5つの規準で徹底レビュー

jFax(ジェーファックス)は、国内人気No.1のインターネットFAX「eFax」の姉妹サービスです。

月額990円と”業界最安値級”の料金で使えますが、

  • 「jFax」ってどんなサービスなの?
  • 他のネットFAXと比較して良いの?悪いの?
  • jFaxはどんな人におすすめ?
  • 注意点はある?

などの疑問をお持ちの方も多いと思います。

そこで、これまで多くのインターネットFAXを利用してきた当サイト編集部が、jFaxを徹底的にレビューしてみました。

結論から言うと、以下の条件に当てはまる方には「eFax」は向いていません。

eFaxが向いていない人

  • 自分が住んでいる場所の市外局番を使いたい人(東京03以外)
  • 月間のFAX送受信枚数が60枚を超える人

jFaxでは東京03以外の市外局番(大阪06や札幌011など)は選択できないので、東京03以外の番号を取得したい人にはeFaxがおすすめです。

また、jFaxは月に受信100枚・送信50枚までは無料(基本料金は必要)で使えますが、それ以上は1枚ごとに10円の料金がかかるため、FAXを大量に送受信する人には向きません。

でも、FAXの送受信がそれほど多くない「ライトユーザー」の方には自信をもっておすすめできます。

このページでは、jFaxのおすすめポイントや注意点、使い方を紹介しています。

ざっと読んでいただければ、あなたにとってjFaxが最適かそうでないかがすぐ分かると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

▼eFaxを10秒チェック!

基本情報
初期費用:1,000円 月額料金:990円(年払いも可)
送信無料:月50枚 受信無料:月100枚
無料枠を超えると… 送信:10円/枚・受信:10円/枚
海外への送信:〇 ナンバーポータビリティー対応:×
支払方法:クレジットカード
無料トライアル:あり 専用アプリ:なし

jFaxの良い点

  • 月額料金だけで受信100枚・送信50枚までが無料で使える
  • 全国共通050番号の他に東京03の市外局番を選べる
  • 近隣諸国へも安く送信できる
  • 30日間の無料トライアル期間あり

jFaxの注意点

  • 受信「無制限」ではない
  • 送信は「60秒で1枚」とカウントされる
  • 無料トライアル期間でも、超過した枚数の料金はかかる
  • 送信時の「送付状」も枚数にカウントされる
  • 相手の着信表示に国番号「81」が付く
  • 解約の方法が電話しかない

→jFaxを無料で試してみる

編集部が実際に契約・使用して評価しています!

さよならFAXで紹介しているインターネットFAXサービスは、すべて編集部が実際に契約・使用したうえで評価しています。

評価方法はこちら

 

 

 

jFaxとは?

jFaxの基本情報
初期費用:1,000円 月額料金:990円
送信無料:月50枚 受信無料:月100枚
無料枠を超えると… 送信:10円/枚・受信:10円/枚
海外への送信:〇 ナンバーポータビリティー対応:×
支払方法:クレジットカード
無料トライアル:あり 専用アプリ:なし

jFax(ジェーファックス)はネットFAX国内利用者数No.1を誇る「eFax」の廉価版サービスです。

「eFax」と「jFax」のどちらも、世界的にネット通信事業を展開している『j2 Global』の日本法人「j2 Global Japan 有限会社」が運営しています。

jFaxの大きな特徴は、FAXの受信だけでなく、送信にも無料枠が設定されているところ。

送信は月50枚、受信は月100枚まで無料(月額料金は必要)です。

その他の特徴として、

  • どこに住んでいても東京03の市外局番が利用可能
  • 海外への送信も可
  • 30日間の無料トライアル期間あり

など、ネットFAXの基本を抑えたスタンダードなサービスです。

eFax(月額1,500円)の”簡易版”という位置づけですが、ライトユーザーの方なら十分満足できると思います。

1か月(申し込みから30日間)の無料トライアル期間もあるので、気になる場合は一度申し込んで使ってみることをおすすめします。

jFaxの運営会社概要
社名 j2 Global japan
本社設立年月日 1995年12月
サポートデスク: 電話 03-6758-0852
サポートデスク:メール info@mail.jfax.com
所在地 〈本社〉
6922 Hollywood Blvd Los Angeles California U.S
〈日本法人〉
〒101-0044 東京都千代田区鍛治町2-2-2 神田パークプラザ5FB室 

→jFaxを無料で試してみる

 

パッと見でわかる!eFaxを5つの規準で徹底評価

記事の冒頭でもご紹介しましたが、jFaxの評価がパッと見でわかるようにレーダーチャート化してみました。

評価:ライトユーザーにはおすすめNo.1のネットFAX

  • 料金:
  • FAX番号の選択肢:
  • 送信対応ファイルの多さ:
  • 機能性の高さ:
  • 使いやすさ:

jFaxの月額料金は990円で、月間の送受信が各60枚程度までなら最安値のインターネットFAXです

FAX番号も050から始まる番号だけでなく、東京03を選ぶことができ、市外局番以下の番号も幾つかの候補から選ぶことができるので高評価です。

「スマホアプリがない」などの理由で、機能性が高いとは言えません

それでも、低価格で必要最低限の機能とサービスを提供しているので、ネットFAXのライトユーザーにとっては満足度の高いサービスと言えるでしょう。

ここからは5つの項目の内容を詳しくご紹介していきますので、気になる方はチェックしてみてください!

→jFaxを無料で試してみる

 

料金:月額990円で送信50枚・受信が100枚まで無料!

jFaxでは月額料金990円で、送信は50枚、受信は100枚までが無料で利用できます。

受信の無料枠を設定しているサービスはjFax以外にも多くありますが、送信にも無料枠があるのはjFaxと、姉妹サービスの「eFax」だけです。

月額料金がもう少し安いネットFAXもありますが、jFaxには送信の無料枠があるため、毎日の送信/受信枚数がどちらも平均2枚程度になる使い方なら業界最安値で使えます。

送信できる枚数は通信にかかる時間によって変わります。「60秒ごとに1ページ」と計算されます。

ただし、送信50枚、受信100枚を超えた場合は10円/枚の料金が必要になるので注意が必要です。

月の送信・受信枚数が各60枚程度を超えるような場合は割高になってしまうので、定額で受信無制限のサービスや送信・受信料金の安いサービスを選びましょう。

大量の送受信が必要な方におすすめ→MOVFAX(モバックス)

→jFaxを無料で試してみる

 

選べるFAX番号:東京03や050番号が選べる

jFaxでは、050から始まる全国共通の番号東京03から始まる番号のいずれかからFAX番号を選択できます。

東京03から始まる番号は、利用者が東京以外(例えば北海道や沖縄)に在住していても利用することが可能です。

jFaxの申込画面では、東京03か050番号のどちらを利用するか選択する画面が表示され、03以降/050以降の番号の選択肢も30ほど表示することができます。

複数の番号から好みの番号を選べる

複数の番号から好みの番号を選べる

全部で30ほどの番号から好みの番号、例えば覚えやすい番号や語呂合わせができる番号などを1つ選んで利用することになります。

市外局番として東京03を選べることに加えて、050番号を選ぶことのメリットもありますよ!

050番号のメリット

ネットFAXで050番号を利用するメリットについて考えたことがありますか?

例えば、全国から好みの市外局番を選べたり、東京03を選べる場合でも事務所の移転や自宅の引っ越しによって住所とFAX番号がマッチしなくなるケースもあります。企業同士のやり取りなどの場合、住所と市外局番が異なることが相手に分かると、不信感を招くことも…

こんな事態を避けるためにも、最初から全国共通の050番号を持ってしまえば、FAX番号と住所がマッチしないなんてこともありませんからどこに移転・引っ越ししても安心です。

jFaxで選べる番号は050番号か東京03のみなので、日本全国の市外局番を選べるeFaxほど選択肢が多いわけではありません。

それでもサービスによってはそもそも選択肢がなく、提示されたFAX番号を使うしかない場合もありますので、これもjFaxの大きなメリットと言えます。

→jFaxを無料で試してみる

 

送信対応ファイルの多さ:PDF以外には2つのファイルに対応

jFaxでは、受信FAXはすべてメールに添付された「PDFファイル」として受信しますが、送信の場合はPDF以外のファイルにも対応しています。

他のサービスでは、送信もPDFファイルのみ対応のケースもあるので、これもjFaxのメリットです。

jFaxで送信可能なファイル形式やバージョンは下記の通りです。

PDFファイル以外にもMicrodoft Word、Excel形式にも対応しています。

送信可能ファイルがPDFだけの場合は、WordやExcel形式のファイルをその都度PDFに変換する必要がありますが、jFaxならその手間は必要ありません!

Excelファイル送信の注意点

jFaxでは「Microsoft Excel」(エクセル)ファイルでの送信に対応していますが、シートの多さなどによって正常に送信できない可能性があります。

その場合、1つのファイルに1つのシートのみの状態に分割して送信するか、PDFファイルに変換してから送信するようにしてください。

 

機能性:必要最低限の機能

「機能性」の項目は、以下4項目で評価しています。

  • 海外に送信できるか:〇
  • 受信FAXを印刷せずに編集・返信できる機能があるか:×
  • FAX番号ポータビリティができるか:×
  • その他、特別な機能があるか:×

jFaxには他のサービスにない特別な機能があるという訳ではなく、以前使っていたFAX番号が使える訳でもないので、機能性の項目はやや低めの★2評価となりました。

jFaxの良い点は、何でもできる多機能性というより、低料金かつシンプルで使い方が分かりやすいところです。

それでも、「海外への送信」機能はあるので、ネットFAXは低コストで海外にも送信できればOKというユーザーなら十分満足できると思います。

 

海外への送信:122の国と地域に送信可能

海外への送信については、122の国や地域に送信することができます(なんと南極大陸にも送れる!)

以下はjFaxでFAX送信できる国と地域の一例です。

送信できる国や地域の例

送信できる国や地域の例

海外への送信料金は国と地域によって異なります。

企業の駐在員の多い日本の近隣諸国(中国・台湾・韓国)や、アメリカ合衆国・カナダ・オーストラリアへは日本国内と同じ10円/枚で送れます。

通常のFAX機でNTT回線(NTTコミュニケーションズ)を使って海外に送信する場合、アメリカへは60円/枚、オーストラリアは150円/枚、中国なら140円/枚、韓国でも110円/枚の料金がかかります。

夜間や深夜帯の送信であればもう少し安くなりますが、それでもjFaxの10円/枚には全くかないません!

もちろん、送信の無料枠「50枚」以内に収まれば送信料金はかかりません

「50枚」を超えると、送信する地域によっては高額な送信料金がかかる場合がありますので注意してください。送信料金を調べたい方はこちら(jFax公式サイト)

送信できる枚数は通信にかかる時間によって変わります。60秒ごとに1ページと計算されます。

 

使いやすさ:無料トライアルがあって便利!

「使いやすさ」については、以下4つの項目で評価しています。

  • 無料トライアルあり:〇
  • PC・アプリの両方で使える:×
  • サポートが丁寧・対応が速い:〇
  • 支払い方法がカード以外も選べる:×

ここでは、機能性が高いかどうかというよりも、”気軽に、快適に”使えるかどうかという点を重視。

jFaxは、「無料トライアルあり」「サポートが丁寧で速い」の項目をクリアしています。

標準の★3評価です!

 

30日間無料トライアルあり

なによりうれしいのが、jFaxには申し込み時点から30日間無料で全機能が使える「無料トライアル」があること。

jFaxの30日無料トライアル

jFaxの30日無料トライアル

「jFaxは本当に普通のFAXと同じように使える?」

「自分の使い方では送信50枚、受信100枚以内に収まるかな?」

などなど、実際に使ってみないと分からないことってたくさんありますが、jFaxなら無料で試せます。

もちろん30日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

(送信50枚、受信100枚をそれぞれ超えた場合には、超過した分の料金を支払う必要があります)

解約は電話1本で簡単にできますので、気になる方は一度使ってみることをおすすめします。

→jFaxを無料で試してみる

 

サポートは迅速で丁寧

jFaxでは、不具合や分からないことがあった場合、電話の「テクニカルサポート」が利用できます。

電話サポート

TEL:03-6758-0852

曜日:月曜日~金曜日(祝祭日を除く) 時間:9~17時

お問い合わせページにはメールアドレス(info@mail.jfax.com)も用意されていますが、こちらに質問を送ったところしばらくして

平素よりjFaxをご利用いただき誠にありがとうございます。

つきましては、当メールサポートでは~はできませんので、弊社テクニカルサポートまでお電話にてお問い合わせのほど宜しくお願い申し上げます。

何かご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

jFaxテクニカルサポート
電話:03-6758-0852(月~金09時〜17時/祝日、年末年始を除く)

お願い申し上げます。

という返信が届きました。

サポートを利用したい場合は、最初から電話を利用したほうが良さそう(早そう)です。

試しに16時ころ電話してみましたが、待たされることもなくすぐ担当者につながり、非常に丁寧な対応をしていただけました。

電話サポートを利用する際は、本人確認がありますので、FAX番号がすぐ分かるようにしておきましょう。

→jFaxを無料で試してみる

 

使って分かったjFaxの注意点

jFaxの良い点やメリットなどをご紹介してきましたが、当サイト編集部のポリシーは、悪い点も包み隠さずご紹介すること。

悪い点もしっかり理解してこそ、本当に満足のいくネットFAX選びができると考えています。

そこでここからは、編集部が実際にeFaxを使ってみて分かった注意点を本音でご紹介します。

jFaxの注意点は以下の通りです。

eFAXの注意点

  • 受信「無制限」ではない
  • 送信は「60秒で1枚」とカウントされる
  • 無料トライアル期間でも、超過した枚数の料金はかかる
  • 送信時の「送付状」も枚数にカウントされる
  • 相手の着信表示に国番号「81」が付く
  • 解約の方法が電話しかない

 

注意点1:受信無制限ではない

jFaxは送信にも月間50枚の無料枠がある珍しいサービスですが、受信の無料枠は倍の100枚までです。

送信より多いとは言え、受信なら無制限で無料(月額料金は必要)というサービスもあるので、この点はデメリットです。

月間100枚以上のFAX受信が必要な場合は、別のサービスを選ぶことをおすすめします。

受信無制限のおすすめ:03FAXメッセージプラスMOVFAX(1000枚まで)

 

注意点2:送信は「60秒で1枚」とカウントされる

jFaxでは、「FAXの送信が月間50枚まで無料」でできますが、厳密に50枚まで送信できるとは限らないので注意が必要です。

jFax公式サイトの「料金」のページには以下のような記載があります。

60秒以内に送信が終われば1枚(ページ)とカウントされますが、終わらなかった場合は60秒ごとに1枚と計算されます。

例えば、1枚のFAXを送信したとしても、FAXのデータ量が大きかったために送信に180秒かかったとすると、ページ数は3ページ扱いになります。

1度に送ったFAXの枚数」と、「送信にかかった時間」は、大きい方をとって料金を計算します。

こんな時はどうなる?

3枚FAXを送って、送信に120秒かかった場合:「3枚」の方が大きいので、ページ数は3枚と計算。

2枚FAXを送って、送信に180秒かかった場合:「180秒」の方が大きいので、ページ数は3枚と計算。

送信にかかった時間は、メッセージセンターの「ファックスの表示」画面にある「送信済み」履歴で確認できます。

この場合は、1ページ(枚)送信して61秒で送信が終わったので、2ページ相当ということになります。

送信を必ず無料枠内に収めたい場合は、メッセージセンターの「送信済み」履歴の内容をしっかり確認しておきましょう!

 

今月何枚送信した?確認する方法

jFaxのアカウントにログインすると、今月何枚送信したかを確認できます。

アカウントにログインするには、jFax公式サイト右上の「ログイン」をクリック。

ログインページで、「jFaxログインID(国番号から始まるFAX番号)」と「暗証番号(申し込み完了時に送られるメールに記載)」を入力すると、アカウント画面にログインできます。

「アカウントの更新」→「使用状況」と進むと、FAXの送受信履歴が確認できます。

→jFaxを無料で試してみる

 

注意点3:無料トライアル中でも、超過した枚数の料金はかかる

無料トライアル中なら、どれだけ使っても無料…とはなりません

50枚を超えて送信・または100枚を超えて受信した場合は、10円/枚の料金が発生します。

 

注意点4:FAX「送付状」も送信枚数にカウントされる

企業間や取引先へのFAX送信の場合は「送付状」を付けるのがマナーですが、送付状(カバーページ)も1枚とカウントされます。

1枚FAXを送信したつもりでも、送付状をつける設定にしておくと2枚送信したことになります。

送付状の上部左側に、『page 1 of 2』と記載されているので、送付状が1枚目、FAX内容が2枚目ということが分かります。

送信は50枚/月まで無料ですが、すべてのFAXに送付状を付ける設定にすると無料で送れるのは半分の25枚/月までです。

 

注意点5:送信先への着信表示に「81」がつく

jFaxでは、海外のサーバーを介してFAXを送信するので、送信先に表示される番号には日本の国番号「81」がつきます。

実際にjFaxを使って一般固定電話(FAX機)に送信してみました。

送信先の固定電話の契約により、一番はじめは「外線着信」としか表示されませんが、FAXを受信し始めると送信元のFAX番号が出ました。

jFaxで取得したFAX番号の前に日本の国番号「81」が付いています

相手方としては見慣れない番号のため、FAX内容を見るまで不審に思ってしまうかもしれません。

初めて送信する相手に対しては、送信前後に電話を掛けて確認するなどしておくといいかもしれません。

 

注意点6:解約方法は電話のみ

eFaxの解約方法は電話のみで、ネット上で解約手続きをすることはできません。

解約の受付時間は平日の9~17時に限られていますので解約時は少々不便です。

解約手続きのための電話は通常のサポートダイヤルか解約専用番号」にかける必要があります。

解約専用番号については、アカウント画面で確認することができます。

 

jFaxの良い点・悪い点まとめ

jFaxの良い点・悪い点をご紹介しました。ここまでの内容をまとめてみます。

jFaxの良い点

  • 月額料金だけで受信100枚・送信50枚までが無料で使える
  • 全国共通050番号の他に東京03の市外局番を選べる
  • 近隣諸国へも安く送信できる
  • 30日間の無料トライアル期間あり

jFaxの注意点

  • 受信「無制限」ではない
  • 送信は「60秒で1枚」とカウントされる
  • 無料トライアル期間でも、超過した枚数の料金はかかる
  • 送信時の「送付状」も枚数にカウントされる
  • 相手の着信表示に国番号「81」が付く
  • 解約の方法が電話しかない

jFaxについて、できるだけ公平な目線に立ってレビューするように心がけましたが、すべての人が同じように感じるとは限らないと思います。

あなたにとってjFaxが良いか悪いか、1度試してみるのはいかがでしょうか。

jFaxなら「30日間無料トライアル」ができるので、気に入らない場合は期間内にキャンセルすれば損をすることはありません!

→jFaxの無料トライアル申し込み

ここまで読めばOK!

ここまでで、jFaxの契約前に知っておくべき点はすべてご紹介しました。

ここからは、jFaxの送信方法解約方法など、より細かい点について解説していきます。

気になる方だけご覧になってみてください。

 

jFaxの送信方法

ここでは、jFaxでFAXを送信する方法をご紹介します。

jFaxの送信方法は、大きく分けて2つです。

  • 日ごろ使っているメールソフトやWEBメールで送信する
  • jFaxのメッセージセンターから送信する

1つずつ解説していきます。

 

メールで送信する

最初に、メールで送信する方法です。ここでは例としてgmail(Gメール)を使用する場合について解説します。

まず、メールの新規作成画面でTo(宛先)欄にFAX送信先の電話番号(市外局番から)を入力し@(アットマーク)に続いて『jfaxsend.com』と入力します。

これで宛先設定は完了です。

番号入力の注意点

相手のFAX番号から、市外局番の「0」を取り、日本の国番号「81」とつなげた番号と「@jfaxsend.com」を入力してください。

例えば03-6666-7777のFAX番号の場合、81366667777@jfaxsend.comという形が正しい形式となります。

宛先設定が完了すればすぐに送信できますが、送付状に「件名」や「メール本文」を書き込みたい場合は「件名」欄と本文に文字を入力します。

件名や本文が未入力でも送付状は送信されるので注意してください。

送付状を付けたくない場合には、本文冒頭に{nocoverpage}とだけ入力しておくと送付状が送信されません。

上画像の場合、「予定変更に関するお願い」が件名として、「イベント担当者様・・・ご査収ください。」の部分がメール本文として送付状に記載されます。

続いて、肝心のFAX送信したいファイルを添付します。

gmailの場合、メール作成画面の下部にある「クリップ」マークをクリックして該当するファイルを添付します。

添付し終えたら、送信ボタンを押せばFAX送信完了です!

 

jFaxの「メッセージセンター」から送信する

jFaxの「メッセージセンター」からFAXを送することもできます。

jFax公式サイトの右上の「ログイン」ボタンからメッセージセンターにログインできます。

ログイン後、表示されるアカウント画面で「ファックスの送信」を選択してください。

メッセージセンターはWEBメールのホーム画面のような体裁となっているので、普段からWEBメールを使っている方であれば簡単に使えると思います。

なお、アカウント画面の「ファックスの送信」ボタンの左側にある「ファックスの表示」をクリックすると、受信したファックスを表示させることができます。

WEBメールに当てはめると「受信BOX」のようなものです。

 

FAXを送信する際には「ファックスを表示」タブの右隣りにある「ファックスの送信」タブをクリックします。

すると「ファックスの送信」ウインドウが表示されます。

ちょうどポップアプウィンドウのようなスタイルです。

ここで、送信先の名前や会社名、送信先の国やFAX番号を入力してください。

もし表紙(FAXのカバーページ)を1枚含めたい場合には『表紙を含める』にチェックを入れます。

画面下部にはFAXの「件名」や「メッセージの入力欄が表示されるので入力します。

送信するFAXを「ファイル選択」のボタンをクリックして添付してあることを確認したら、下部の『Fax送信』ボタンをクリックして完了です。

表紙が不要な場合は「表紙を含める」のチェックを外します。

チェックを外すと件名やメッセージを入力する欄は消え、FAX(ファイル)添付ボタンと「Fax送信」ボタンだけが残ります。

FAXを添付し終えたらそのままFax送信ボタンをクリックすれば送信完了です。

送信が完了するとアカウント画面の「ファックスの表示」タブで確認することができます。

アカウント画面からメッセージセンターの「ファックスの表示」に入ると、上画像のように何月何日の何時何分にどこへ送信したかが確認できるようになっています。

→jFaxを無料で試してみる

 

jFaxの解約方法。無料トライアルだけでやめても大丈夫?

  • 無料トライアルだけ使って、すぐにやめても大丈夫?
  • 解約は簡単にできる?

と心配な方に向けて、ここではjFaxの解約方法についてご紹介します。

結論から言うと、「無料トライアルの期間だけ使って、やっぱり必要ないのでキャンセル」となっても全く問題ありません。

無料トライアルがスタートした日を含めて30日目までにサポートセンターへ電話でキャンセルしたいことを伝えましょう。

キャンセルの電話の際、引き止めの説得をされたり、キャンセルの理由を尋ねられたりすることはありませんのでご心配なく。

検証のため、無料トライアル期間内だけ使ってキャンセルの電話をかけてみました。

「キャンセルしたいです」とお伝えしたところ、「分かりました。これまでのご利用ありがとうございました」だけで終了。とっても簡単でした!

数時間後には、解約手続き完了を知らせる通知がメールで届きます

解約を知らせるメールには、利用料金の請求が停止された日付や解約に関する確認番号などが記載されています。

また、再契約する場合にはFAX番号が変わる可能性などが説明されています。

サポートセンターへ電話をして解約手続きを行うという方法は、無料トライアルだけで利用を終えたい場合でも、ずっと使ってきて途中で解約する場合でも同じです。

無料トライアルのキャンセル・解約の受付時間は祝祭日を除く月曜日から金曜日の9~17時までです。

土・日・祝には受け付けていませんので注意してください。

 

重要なポイントまとめ:jFaxの総合評価

最後にjFaxに関する重要なポイントのまとめです。

jFaxの良い点

  • 月額料金だけで受信100枚・送信50枚までが無料で使える
  • 全国共通050番号の他に東京03の市外局番を選べる
  • 近隣諸国へも安く送信できる
  • 30日間の無料トライアル期間あり

jFaxの注意点

  • 受信「無制限」ではない
  • 送信は「60秒で1枚」とカウントされる
  • 無料トライアル期間でも、超過した枚数の料金はかかる
  • 送信時の「送付状」も枚数にカウントされる
  • 相手の着信表示に国番号「81」が付く
  • 解約の方法が電話しかない

jFaxはネットFAXのライトユーザーにピッタリのサービスです。

FAXの送信・受信を毎月多く(各60枚以上)利用する方以外には、どなたにでもおすすめできます。

30日間無料トライアルができるので、ぜひ一度試してみてください。

→jFaxを無料で試してみる

-jFax(ジェーファックス), インターネットFAX詳細レビュー

Copyright© さよならFAX , 2020 All Rights Reserved.